販促ポスターや看板を作る際のデザインのコツを知ろう

販促ポスターや看板を作る際のデザインのコツを知ろう

広告物

遠くから目立たせるための宣伝方法

販促ポスターや看板は、遠くから見ても一目でどんなことを伝えたいかが分かる宣伝方法です。そのため、街中や人出が多いイベント会場に必須な宣伝方法となっています。業者がデザインを手伝ってくれますが、十分に検討できるようにデザインのコツは知っておくべきでしょう。

看板

チラシと一緒ではだめ

まず、販促ポスターと看板、そして販促チラシではデザインの作り方も違うということを認識しておきましょう。チラシ、ポスター、看板の順に情報を最小限にしていく必要があります。これは、チラシは手に取って読むことができるので情報が多くてもかまわないのに対し、販促ポスターは遠くから見る性質があります。そのため、ポスターのデザインには情報は減らすことが必要なのです。

広告物

看板づくりで見逃しがちな見え寸

看板のデザインができる人がいるならそのまま業者に入稿すれば安く済ませられます。このとき見え寸は意外と見逃しがちな部分でもあるので注意しましょう。看板はたいていフレームの中に収めることになるので、デザインがフレームに隠れないように配置しなければなりません。

看板

業者が用意するフォーマットを使おう

原稿に不備があると、業者から連絡がきて修正する、あるいは修正してもらう必要が出てきます。そんな手間を少しでもなくすために、デザインの際にはなるべく業者が用意しているフォーマットを使いましょう。ダウンロードも簡単で、注意書きを記載してくれているところがほとんどなので便利に使えます。

広告募集中